プラセンタ点滴

シミやそばかす

シミに効く胎盤のエキスであるプランセンタの点滴を受けるとホルモンのバランスが整ったりして美肌になります。
それからシミやそばかすも改善します。

もちろん顔にできてしまったものだけでなく、体にできてしまったものも改善します。
黒いメラニン色素の沈着によるシミもそばかすも原因は同じです。

紫外線が原因です。
肌は紫外線を浴びるとその防護機能によって、黒いメラニン色素を生成するのです。

プランセンタにはこの色素の生成を抑制する効果があります。
より多くの紫外線を浴びれば、メラニン色素、つまりそばかすなどの色が濃くなります。

ターンオーバーがちゃんと働いていれば、濃くなったそばかすなどは真皮から押し上げられて、やがてはがれて薄くなります。
ですが、ターンオーバーが正常に働いていなければはがれないのです。

体内からプランセンタにはターンオーバーが正常にする作用もあります。
プランセンタは内服薬の形で摂るのが一般的です。

ですが、経口摂取の場合、消化器官を通るために高濃度のものでも全体へ行き渡る前に濃度が薄まってしまいます。
その効力が低下するということです。

点滴の形なら、血管の静脈内に直接入れるわけですから、そういうことはないのです。
効力が高いままなのです。

なお点滴にかかる時間については20分ほどです。
料金に関しては3.000円〜10.000円ほどです。
注意点としては、このプランセンタ点滴を体質的に受けることができない人もいますから注意してください。

 

日焼けだけで済まないかも…意外と知らない「紫外線の危険性」

紫外線は肌を老化させる原因になりますので、出来るだけ避けて生活をしている人も多いですが、紫外線の危険性はとても大きいですので、
真剣に避けるようにした方がいいでしょう。

多くの人が経験したことがあるのが、サンバーンです。
海水浴などに行った時に、日焼け止めを塗らずにいると、あっという間に肌が日焼けしてしまうことになり、肌が赤くなって炎症を
起こしたような状態になります。

酷くなると水ぶくれのようになる事もあるなど、かなりひどい状態になる事もあるのです。
紫外線を浴びることによって、紫外線角膜炎なども心配になります。

雪面など紫外線の反射が起こりやすい場所に長時間いるとなる事がありますが、多くの場合は自然治癒が期待できますが、
酷い場合には病院に行くようにした方がいいでしょう。

紫外線の影響で最も怖いのが、皮膚がんです。
他国に比べると、日本は皮膚がんの罹患率が低いとされていますが、罹患しないというわけではありません。

統計的に見て見ると、徐々に罹患率が上がってきていますので、注意をしなくてはならないでしょう。
天気のいい日は紫外線を意識しやすいですが、曇りの日でもたくさんの紫外線を浴びていますので、紫外線予防をしていく事です。

Copyright (C) placenta2016-2018

V>