プラセンタ点滴とは

メリット

プランセンタの点滴には以下のようなメリットがあります。

@注射と違って痛みがあまりない点滴のメリット

プランセンタの注射をすると、痛みが伴います。
栄養剤の注射のように血管内に入れるのではなく、筋肉注射や皮下注射を行っているためです。

一方点滴だと、最初血管に針を刺すときは痛みがあります。
しかし、ゆっくり時間をかけてプランセンタを体内に入れていくため、
注射をした場合のような痛みを感じることがありません。

注射に比べると時間はかかりますが、痛みがないほうがいい方にはおすすめです。

A即効性がある

プランセンタの注射の場合は、皮下注射や筋肉注射を行うため、効果を感じるには時間がかかります。
しかし、点滴だと、直接静脈内にプラセンタを注入するので、効果がすぐに出るのです。

吸収力も皮下注射や筋肉注射の5倍あるといわれています。
そのため、注射よりも点滴のほうが、より効果を得られます。

しかし即効性がある分、体内から排出される時間も早いので、効果の持続性は注射のほうが高いです。

Bプラセンタ以外の美容成分も配合されている

注射だとプラセンタの成分のみの注射となります。
点滴だと、ほかの美容成分も配合した「カクテル点滴」を受けることも可能です。

しかも即効性があるので、「明日のデートまでにきれいになりたい」など、
すぐに効果を必要とする方にはお勧めです。

美容成分

プラセンタ点滴のほうが即効性があるので、効果を実感したい方にはいいのではないでしょうか。
安心できるクリニックで行いましょう。

皮内・皮下・静脈内・筋肉内…各注射の種類と特徴

医療現場で用いられる注射には大きく分けて3種類の方法があります。

まず皮内注射とは、表皮と真皮の間に薬を投与する注射です。
主にツベルクリン反応などの検査で用いられ、投与量は0.1〜0.2mlと少量なのが特徴です。

皮下注射は皮下組織に針をさして薬剤を投与する方法です。
針は皮膚に対して斜めにさして、数mlの薬剤を投与することが可能です。

薬の有効成分は緩やかに吸収され、吸収時は毛細血管の血流に影響されるため血管収縮薬と併用することは禁止されています。

筋肉内注射とは、筋肉中に薬剤を投与することで針は皮膚に対して垂直に近い角度で刺します。
筋肉にまで刺す必要があるため、皮内注射や皮下注射に用いる針よりも太くて長いのが特徴です。
数mlまで投与でき、薬剤の有効成分の吸収もとても早く即効性を求める場合に用いる手法といえます。

なお、筋肉が未発達な小児への筋肉注射は大腿四頭筋拘縮症の原因とされるため使用が禁止されています。
また、筋肉内には大切な神経や動脈が走っているので投与の際は医師が直接行ない損傷を避ける必要があります。

これら以外には静脈内注射と呼ばれるものがありますが、一般的には点滴と呼ばれており上記の3つの種類とは別の扱いになります。

プラセンタを効率よく体内に運び、吸収させる方法にプラセンタ注射というものがあります。
プラセンタの場合は用いる用量が少なく、即効性に期待をするための皮下に注射を行なうのが一般的です。

それ以外に他の美容成分も取り込みたい場合は静脈注射の点滴を行なうことも可能です。

Copyright (C) placenta2016-2018

DIV>