プラセンタ点滴

効果が出るまでの期間

プランセンタ点滴は、プラセンタの成分を点滴液として体内に注入する方法で、血管に直接注射液を注入します。

これは、内科や婦人科で受けることができます。持続期間
プラセンタエキスを体内に直接取り入れることができ、サプリメントと比較をした場合には
即効性を感じられる場合が多くあるのが特徴です。

効果がすぐにあらわれる反面、持続期間が限られています。
通常1アンプルで2日程度です。そのため、常にプラセンタ成分が体内に存在している状態を
持続させたいという場合には、週に1度か2度は病院に行き、一回あたり2アンプルから3アンプル受けることが理想的です。

はじめの1ヶ月程は特に頻繁に病院に通い、集中的に打つことが推奨されています。
効果があらわれるまでの期間は最短で打った直後、遅くても全体的には打ってから
3回目から5回目ほどで効果を実感できるのが一般的です。

危険性プランセンタ点滴をやめてしまった場合、以前より悪い状態になったり、
危険が伴うようなことはありません。

今までの効能が急速に失われるわけではないですが、
プラセンタを取り入れる前の状態に時間をかけて戻っていきます。

美しい状態や健康維持を目指す場合には、完全にやめることはせず、アンプル数を減らしたり
回数を少し減らすなど、自分の身体と相談しながら続けていくことをおすすめします。

プランセンタ点滴を一度受けた場合は、献血が行えなくなりますので、事前に知ってから行いましょう。

プランセンタ点滴は一般的に1回あたり30分から1時間程度の時間をかけて行います。
時間をかけて行うことで身体への負担を軽減させることができます。

 

【意外と多い】献血のNG条件をチェック!NGの理由は?

献血は輸血を必要とする患者さんに行うことで、医療機関から要請があった場合に患者さんに必要な血液が届けられる仕組みです。
献血された血液は、血液センターで精密な検査が行われ安全な血液を保管し医療機関からの要請に対応しています。

献血される方には前もって問診票に必要事項を記入してもらい、その中に献血出来ない例が詳細に記載されています。
特別なことではなく、ごく普通に行われていること、例えば歯科の治療後やピアスあけた場合、予防接種後等一定期間は
献血することが出来ません。

また海外旅行も対象となり帰国後4週間は出来ないことはもちろん、滞在国によっては、1年から5年の長期にわたり
献血することは出来ません。

美容整形の一環として使用されるプラセンタ注射も平成18年10月10日厚生労働省の指示によりひと経由プラセンタ製剤を
注射された方は安全が確認されるまで献血が出来ないことになっています。

このように私たちが普段行っていることでも献血出来ない事例は多種多様で簡単に判断できないことが多いのも事実です。
もし不安なことが有れば、医師の問診が有りますのでその時にしっかりと話をすることが、安全な輸血に必要不可欠です。

慢性的に血液が不足していますので、自分の血液が献血に適しているか検査を行うのも重要です。
献血出来ないが方が増えてきています。

以前であれば、輸血を過去に受けてことがある方や狂牛病が発生した地域に滞在していた方、臓器移植を受けた方などに
限られていましたが、以前では考えられなかった美容整形で使われているプラセンタ注射も対象になりました。

新しい治療薬で献血出来ない例が増えることも考えられます。

Copyright (C) placenta2016-2018

V>