プラセンタ点滴とは

   

副作用

プランセンタ点滴はほとんど副作用がないことで知られていますがごく稀に
悪寒、悪心、発熱、発赤、発疹などの症状が生じる場合があります。
症状

このような副作用が起きた場合にはすぐにプランセンタ点滴の投与を中止することが求められます。

また注射部分に発赤の症状が出る場合がありますが基本的には
数日程度で収まるので、ひとまず様子を見るのも良いかもしれません。


この他にもプランセンタ点滴がたん白アミノ酸製剤であるため、アレルギー反応が起きたり
閉経後の月経再開が見られることもあります。

出来るだけプランセンタ点滴を安全に受けるために気を付けたいこととして
整脈注射を避けることが挙げられます。

整脈注射は投与法として認可されていないたショック状態や呼吸困難、
ホルモン異常などが生じる危険性があるからです。

基本的には皮下注射か筋肉注射の投与法で受けることをおすすめします。
またどこに、どのように、どのくらいのペースで投与するのかをしっかりと説明してくれる
信頼の置ける医師がいるところで受けるようにしましょう。

信頼できる

初めにカウンセリングがあるので、その時に少しでも不信感を持つような対応をされたのであれば
別のところに行くことをおすすめします。

プランセンタは美容形成における効果が注目されており、化粧品のような感覚でやってみたくなると思います。
また、ほとんど失敗することや副作用が起きる危険性はありませんが、ごく稀にあるので
理解した上で受けるようにしましょう。

 

ホルモンの病気「内分泌疾患」の症状と対策

内分泌疾患になると、甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症になったり、甲状腺や副腎などの内分泌臓器に腫瘍ができたりします。
甲状腺機能亢進症に代表されるのは、バセドウ病です。

バセドウ病は20代から30代の女性に多いとされていますが、他の年代や男性にもみられる疾患です。
食欲がありきちんと食べているのに体重が減ったり、動悸や指先の震え、イライラする落ち着かない、汗をかきやすかったり軟便になるなどの
症状が多くみられます。

また、バセドウ病は眼が飛び出す病気といわれています。
この症状は個人差があるため、眼球突出が必ずおこるとは限りません。

甲状腺機能低下症にかかると、代謝が低下するためむくみんだり、便秘になったり寒がりになるなどの症状が現れます。
長期にわたって機能が低下することにより、動脈硬化が進行してしまい狭心症や心筋梗塞を起こしやすくなってしまうのです。

甲状腺の腫瘍には、良性甲状腺腫などの良性の腫瘍と甲状腺がんのような悪性のものに分かれます。
悪性のものは5種類に分類されており、どのがんであるかによって治療法が大きく異なってきます。

バセドウ病などの治療は、薬物療法が中心です。悪性の腫瘍であれば、手術で切除や摘出を行います。

亢進症の場合は、心臓に負担がかかります。安静第一ですので、運動や長時間の入浴は控えるようにしましょう。
プラセンタ点滴を受けるときには、ホルモン異常などが生じる危険があるため整脈注射は避けるようにしましょう。

ホルモンの量は、少なすぎても多すぎてもよくありません。
異常が生じてしまうと、機能亢進や機能低下などの内分泌疾患になる可能性がでてきます。

Copyright (C) placenta2016-2018

IV>