プラセンタ点滴とは


プランセンタ点滴と注射の違いは?

美容や健康に効果的な成分としてプランセンタは注目されています。
美容クリニックでは直接体内に取り込むことのできる、プランセンタ注射やプランセンタ点滴が人気になっています。

注射との違い

両方とも直接体内に取り込むことができる方法ですが、効果の現れ方は大きく違いがあるため
自分に合った方法で行うことをおすすめします。

プランセンタ点滴は静脈に効果的な成分を直接注入することによって有効成分を
しっかりと血液中に取り入れることができ、体全体に早く行きわたるため即効性があります。

吸収力は注射に比べて5?10倍もあると言われており、比較的多くの量を一度に取り入れることができるため、
プランセンタ以外の美容成分と混ぜ合わせたカクテル点滴も可能となっています。モニター募集プランセンタ点滴と注射

しかしデメリットもあり、カクテル点滴になることも高く
効果の持続力があまりないため経済的に負担になってしまいます。

プランセンタ注射は、一般的に皮下または筋肉に注入する方法です。
皮下組織や筋肉に一時的に蓄えられてゆっくりと血液に滲み出るため、点滴よりもゆっくり効果が現れます。
その分効果の持続性が高く、サプリメントなどと比べれば断然効果は現れやすいとされています。

頻度

皮下か筋肉か、含まれている量によって料金は異なってきますが、トラブル改善を目的に受ける場合には
一週間に2回、美肌を目指す場合には3回の頻度が効果的です。

どちらの方法もメリットとデメリットがあるため、目的に合わせて選ぶことをおすすめします。

 

痛い理由は「皮下注射」だから!インフルエンザワクチンの注射

インフルエンザが流行する前には多くの人たちはインフルエンザの予防接種を受けるようになります。
その注射が痛いとよく聞かれますがそれには理由があり、皮下注射だからやワクチンの成分に痛くなるものがあるからなどです。

注射には針が入る場所により皮下・皮内・静脈・筋肉の4種類があり、特殊なところに打つ関節内・髄腔内もありますが基本は4つになります。

人の皮膚は1番表面から表皮、真皮、皮下組織、筋肉となっていて筋肉が1番奥にありその奥には骨になるのです。
そのどの部分に薬が入るかで注射は分かれていますが、インフルエンザワクチン注射は皮下にするものなので皮下組織にワクチンを打つことになります。

一般的に点滴を打つなどがありますが、あの時の針は皮下組織の下に流れている血管(静脈)に打つと、薬は注射の後1分ほどで全ての内臓に行き届くのです。
ワクチンの皮下にする注射の後にすぐに全身を巡ることはなく、ワクチンの液体はその場に留まり少しふくらみ、膨らむと痛くなります。
皮下に入ったワクチンは少しずつ吸収されますがその間は膨らんでそれが痛みを引き起こすのです。

インフルエンザワクチンは毎年ワクチン株が違うのですがそれと痛みの関連性は確認されていません。
インフルエンザの注射は痛いからと言ってそれを受けない人もいるのですが、その理由が皮下に薬剤が届くことにより起きる現象だということが
わかり納得できます。

万一インフルエンザを発症しても事前にワクチンを注射しておくことで重症化しないと言われています。
自分のためにも周囲のためにもワクチン接種は必要です。

Copyright (C)placenta2016-2018

  • サイトマップ